お電話でのお問い合わせは

0120-98-3454 受付時間 9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

※電話内容については、正確を期すため録音しております。

“歩留り改善”にまつわる採用専門家コラム

  • 「高い内定辞退率」が生み出す問題への対処方法―採用活動の教科書・応用編―

    2019/05/24NEW

    組織人事コンサルタント 曽和 利光

    今回は内定辞退率をいかに下げるかということについて一緒に考えていきたいと思います。今年の20卒採用活動においてもできる「高い内定辞退率への対処」について、いくつかすぐにできて即効性のある施策がありますのでご説明をいたします。

  • 自社に決めさせようと、ライバル企業の話をする際の注意点―内定辞退を防止するためのコミュニケーション鉄則―

    2019/05/16

    採用・育成コンサルタント 小宮 健実

    皆さんこんにちは。新入社員の内定出しが本格的に始まることと思います。採用環境はご存じの通り、売り手市場が続いています。よって、今年も内定者のマネジメントを意識的に強化していく必要があると思います。そこで今回は、「自社に決めさせようとして、ライバル企業の話をするときの鉄則」についてお話をしていきたいと思います。

  • 辞退の理由「御社で働くイメージがわかない」と言わせないために―説明で伝わりづらいものをどう伝えるか―

    2019/02/12

    採用・育成コンサルタント 小宮 健実

    私のお客様のある企業では、毎年、内定辞退者にヒアリングを行っています。そこで毎年上位に上がる回答が「御社で働くイメージがあまりわかなかった」というものです。どのようにすれば自社で働くイメージを浮かばせることが出いるでしょうか?。今日はその時のことをお話ししようと思います

  • 6月を戦い抜くために、今すぐ調整すべき7つのポイント―「6月」に対する理解の差が採用の明暗を分ける

    2016/05/19

    採用・育成コンサルタント 小宮 健実

    経団連の指針による選考活動解禁の6月が、いよいよ目前に迫ってきました。これから選考を開始する企業だけではなくすでに選考を終えている企業にとっても、この6月をどう過ごすかがとても重要であることは、疑いの余地がないと思います。そこで今回のコラムでは、目前に迫った6月を戦い抜くために、今すぐ調整すべきポイントについてまとめてみました。

  • ”説得”ではない内定承諾を目指すために―「納得」してもらう・「待つ」という選択肢を考える―

    2016/05/11

    現在は説明会など広報活動の最盛期を迎え、6月にはいよいよ選考活動を始める 企業さまも多いことと思います。 そして、今年は選考活動開始が昨年より2か月繰り上げとなったことで、 広報活動中のみならず選考活動中にも学生の心をたゆまず惹き付けるアクション が、さらに大切となってくるかもしれません。 学生の心をつかみ、スムーズかつ確実に内定承諾を得るために出来ることとは……? 辻太一朗が自らの経験をふまえ、紹介します。

  • 採用担当者としての学生との向き合い方―採用担当者が直面する悩みや葛藤について考える―

    2014/08/05

    採用ナビゲータ 辻 太一朗

    今回は「内定辞退」を取り上げてみたいと思います。採用担当にとって、一生懸命採用した学生の内定辞退は、とてもつらいことですが、担当者はどのように向き合えばよいのでしょうか。ともに考えてみましょう。

  • 採用における「成功」とは何か―採用活動の教科書・応用編―

    2014/05/20

    組織人事コンサルタント 曽和 利光

    経営者などから、今年の採用はうまくいっているのか、報告を求められている方もいらっしゃるでしょう。今回は、そもそも、採用における「成功」とはどんなことか、採用担当者が目指すべき採用活動の「ゴール」について、考えてみたいと思います。

  • 「内定辞退を防ぐ、7つのコミュニケーション」―競合に勝つために行うコミュニケーション施策とは―

    2014/03/11

    採用・育成コンサルタント 小宮 健実

    いよいよ内定を出し始めるようになると、辞退者がどのくらい出るのかという不安が生じてくるもの。積み上げてきた成果が、最後の最後で崩れることは誰でも避けたいことだと思います。今回は、辞退防止の効果があるコミュニケーション施策についてお話しようと思います。

  • 「満足度94パーセントのセミナーは成功か?」―振り返りが、採用活動を強くする―

    2013/07/09

    採用・育成コンサルタント 小宮 健実

    今回のテーマは「採用活動の振り返り」について。採用広報のイベントは費用もワークロードも大きなもの。適切に振り返り、次年度に向けた改善策を講じることは、必須のアクションです。ある事例を通して、それが本当に有効な施策であったのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

  • 誰にでも起こる「内定ブルー」への対処方法―採用活動の教科書・応用編―

    2013/05/21

    組織人事コンサルタント 曽和 利光

    内定者が、本当にこれでよかったのだろうかと悩みだすのが「内定ブルー」。どんなに強い志望動機で入社を決意した学生でも、そうなる可能性はあります。今回は、採用を決めた内定者たちが、ある日突然、陥ってしまうこの問題の原因と対処方法について、お話ししたいと思います。

なぜ、新卒採用をするの?
どうやって、新卒採用をするの?

お電話でのお問い合わせは

0120-98-3454 受付時間 9:00〜18:00 (土日祝祭日を除く) ※電話内容については、正確を期すため録音しております。

新卒採用の相談窓口はこちら
ページトップへ