お電話でのお問い合わせは

0120-98-3454 受付時間 9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

※電話内容については、正確を期すため録音しております。

就活生が魅力を感じる企業の特徴とは?集める/広報する

Q

就活生が魅力を感じる企業の特徴とは?


中小企業にとって、自社について詳しく知らない就活生に対し、いかに魅力を伝えることができるかが重要なことだと考えています。

どのような点を伝えれば、就活生が企業に対して魅力を感じるのかを教えていただければと思います。

( 製造業/従業員規模 ~50人未満/採用業務経験 1~2年 )

Q
比べられないポイントで戦うことがお勧めです

質問者の方の言葉にあるように、自社の魅力を効果的に伝えることは、採用活動を成功に導くとても重要な要因です。

ただ、魅力の訴求ポイントをどのように設定するか?という問いについては、何か唯一の正解があるわけではありません。

自社の製品が特徴的であれば、製品の魅力から企業の魅力を訴求することが一般的だと思います。逆に、学生に製品の魅力を伝えづらいと感じる場合には、他の観点から自社の魅力を訴求することも可能です。

ただ注意点としては、自社では強みだと思っている情報が、他社と比較した際に強みとして機能しないということがあります。特に社風や制度に関することは、自分たちが思うほど惹きつけにならないことがあります。

例えば、自由闊達、若手に積極的に仕事を任せる、といった表現は多くの企業が用いるので、学生も「それが当たり前」というように聞いています。そのため、確実にPRとなる印象的な事例とともに語られなければ、記憶に残ることはありません。

制度環境なども時折それに該当します。例えば育児休業制度などは法律の改正とともにある程度どの企業にも浸透しています。制度がユニークなものでない限り、「あります」では大きな惹きつけになりません。

では中小企業の場合、どのような訴求ポイントを設定することがお勧めでしょうか。
これももちろん解はないのですが、ひとつのアプローチとしては、相対評価ではなく、絶対評価をさせるような設定が有効だと思います。

つまり、「AとBを比較するとAのほうが優れている」というような考え方をさせるのではなく、「AとBは比較できないけれど、自分にはAが合っている」と考えさせるような訴求ポイントを設定するのです。

そのような考え方をさせる方法の一つが、「ストーリーによる情報提供」です。
ストーリーとは、実在する社員の事例を事実ベースで物語的に紹介することです。

例えば、学生が中小企業を選ぶ理由のひとつに、「大きな組織より仕事の全体像が見えやすく、多くのことに携わることでより成長することができる」というものがあります。

そこで人事から学生に、「働くために最も整った環境を探そう」ではなく、「成長するために最も効果的な環境を探そう」とメッセージします。そして、実在する社員の口から「この会社だからいろんなことを経験し成長できた」ということを事実ベースで語ってもらうのです。

ストーリーは誰かにとっての「事実」であり唯一無二なので、人は単純に優劣で捉え
づらくなります。そして比べて評価するのではなく、「どのストーリーに共感するか」といった考え方に持ち込むことができるのです。その結果、単純に数字の比較では不利になりやすい有名企業や大企業とも、同じ土俵で勝負することが可能になります。

なお、中小企業が魅力を訴求する時には、訴求ポイントの設定以外にも重要なポイントがあります。それを押さえておかないと、本人には自社の魅力が伝わっているのに、最終的に辞退されるということが起こります。

それは、「学生が、自分が理解した自社の魅力を、自分の周囲の人間に対してきちんと説明できるようにフォローする」ということです。

周囲の人間の代表格は、親やゼミの教授、友人などです。一般的に、カタログ的によく見える他社があれば、そちらを薦めてくるでしょう。

その時、自分の言葉で「なぜ自分はこの企業がいいと思っているのか」が上手に話せないために、他の企業を薦める言葉に本人もやがて感化され、最終的にはなびいてしまうのです。

それを防ぐために、自分がこの企業がいいと思っている理由を、きちんと自分の言葉で話せるようにサポートする必要があります。ワークシートやアンケートシートを用いて言語化させたり、面談で話してもらったりしてもよいでしょう。

本人から自分の言葉で志をはっきりと伝えられたら、大企業に行ってほしいと思っている親も本人の意思を安易に否定することはしないものです。
ページトップへ